子どもの血液がんについて

子どもの血液がんはどのような病気ですか?

血液がんとは、がん化した異常な血液細胞が増殖してしまうことで、正常な血液を作る働きが損なわれてしまう病気です。どの血液細胞ががん化するかによって、白血病や悪性リンパ腫などいくつかの種類があります。

わが国では、1年間におよそ2000人の子どもたちが小児がんと診断されています。白血病や悪性リンパ腫のような血液がんは、小児がん全体の中でおよそ40%を占め、小児がんの中でも最も患者数が多い病気です。また、小児血液がんの中で最も多いのが、急性リンパ性白血病です(約600人/年)。

血液がんになると、がん化した異常な細胞の増殖により、正常な血液細胞が減少してしまいます。白血病では病原体に対する抵抗力が低下し、風邪のような症状が続いたり、貧血の症状がみられたりします。悪性リンパ腫では、リンパ節の腫れや発熱、体重の減少などがみられます。

専門的な情報については、下記に詳しい説明がありますので参考にしてください。

どのような治療をするのでしょうか?

血液は全身を流れているため、血液がんは手術で治療をするのでなく、主に抗がん剤を使った治療(化学療法)をします。ふつうの化学療法だけでは治りにくい場合には、骨髄移植などを行うこともあります。血液がんはかつては不治の病といわれてきましたが、ここ数十年の医療技術や治療研究の発展によって、小児血液がんの長期生存率は大きく向上しました。現在では、小児血液がんのおよそ70%を占める急性リンパ性白血病の患者さんで約80%以上が長期生存することが確認されています。

どうして血液がんになるのでしょうか?原因はわかっていますか?

小児がんは、大人のがんと異なり、生活習慣にがんの発症原因があると考えられるものは少ないといわれています。白血病などの小児血液がんも、発症の明確な原因はわかっていません。放射線被ばく、先天性の遺伝子異常など発症要因として知られているものもありますが、これらが原因となり発症するのはごく一部です。実際には一つの因子に起因するのではなく、遺伝や環境などのいくつかの危険因子が重なることにより発症すると考えられています。

研究者たちは過去40年もの間、様々な研究を通して小児血液がんの原因を明らかにしようとしてきました。これまでに、次のようなことがわかってきています。

  • 高線量の放射線被ばくは小児白血病の発症リスクを上昇させる
  • ベンゼンやトルエンといった人体に有毒な有機化合物は小児急性骨髄性白血病の危険因子である(しかし、子どもの場合、このような環境下に置かれることは非常にまれといえます)
  • 乳児期に感染症にかかることなどによる適度な免疫刺激が小児急性リンパ性白血病の発症リスクを下げる
  • 胎児発育が早いと小児急性リンパ性白血病の発症リスクがわずかに高くなる
  • 小児急性リンパ性白血病の発症に関連する遺伝子多型が発見されている

血液がんは予防できるのでしょうか?

小児がんの発症原因がまだはっきり分かっていないので、現在の時点では予防方法は見つかっていません。みなさまのご協力により、私たちの研究から小児血液がんの発症にかかわる要因が発見できれば、新しい予防方法の確立につながります。

ページトップへ

Copyright © 2015 小児血液がん疫学研究室 All Rights Reserved.